バスルームで起きる水のトラブル

修理で簡単なものは自分で直せば費用も抑えられますし、水のトラブルを発見してから迅速に対応できます。ところが何でも対応できるわけではありません。特にバスルームで起きる水のトラブルは、専門業者でなければ対応が難しいパターンが多いです。

■自己解決できるバスルームの水のトラブル

バスルームで起きるトラブルはいろいろとありますが、水の供給を受ける給水管のほかにお湯の供給を受ける装置につながる部分など複雑になっています。最近では給湯器が普及し、いつでもお湯が使えることが当たり前になりましたが、その分いろいろな装置が絡んでいます。わずかでも水漏れの痕跡を見つけたら、トイレやキッチン同様に修理が必要です。
自分で対処できるものとしては、シャワーのホースの劣化があります。何らかの問題で傷がつき漏れ出した場合は、補修用のテープを巻くなどの対応ができますが、それは根本的な解決ではありませんので、早めに交換が必要になります。
バスルームの他の部分での水のトラブルは、まず自己解決できないものばかりです。浴槽も含め問題があれば、専門業者の点検を依頼しましょう。

■原因の追究が必要な浴槽のひび割れ

バスルームには浴槽が取り付けられていますが、ヒビとなると修理が効きません。補修用のパテなども販売されていますが、この補修方法も簡単ではないです。
ひびが入るのには原因があります。なにか大きな力がかかっていれば、その問題を解決しなければいけないでしょう。老朽化による問題であれば、交換も視野に入れる必要があります。プロであれば点検することで問題がはっきりするため、依頼した方が確実です。

■まとめ
バスルームのトラブルは、気がつかずに進行する場合が多い場所です。大量の水を使うため、気がつくのが遅れます。使用する前に、濡れていたりするのを見つけたときには早めに原因究明のため点検するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ