水のトラブルの発見が遅れる排水管

排水管は、使った水を下水本管に導くため必要不可欠な存在です。使った水というのは汚いものなので排水管で水のトラブルが起きることは、衛生面でも深刻な問題となります。

■使った水を下水本管に流す

家庭の中には排水管が通されています。使った水を流すための設備ですが、特別に圧力をかけたりすることがありません。高いところから低い方へ流れる水の特性をそのまま利用しています。普段の生活で見えないよう、水回りの設備から下方向へ伸ばされているのが特徴です。そうした使った水を流す排水管も水のトラブルを抱えやすい場所です。さらに他のトラブルと比較して気がつくのも遅れやすいためどうしても被害を広げてしまうことがあります。
圧力がかからない構造で、使った分だけが流れていくため、一度に大量の水漏れを起こすことはありません。しかし、見えない場所にあるため、どうしても気がつきにくく、後手に回りやすい性格を持っています。
変化としては、臭いが出たり、音が聞こえてきたりすることがポイントです。また、シンクの下などを定期的にのぞくだけでも異変に気がつきやすくなります。

■狭い場所での修理は簡単ではない

排水管の水のトラブルが起きたとき、対処方法は漏れない状況を作ることです。接続部分にあるパッキンの劣化などがあげられますが、問題がパッキンだけなら交換すれば解決します。しかし、普段の生活の中で見えない場所に取り付けられるため、空間も広くありません。交換に関しても専用の道具が必要なときもあり、部品の手配も簡単ではないため、素人では意外と修理ができないケースもあります。


■まとめ
排水管は、さまざまな場所に設置されています。漏れる音が聞こえたり、理由はわからないが濡れている跡を見つけたら、必ず原因の追究が必要です。害虫が発生する温床にもなりかねないため、早急に対応しなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ